びまん性脱毛症

女性のびまん性脱毛症が増えている

びまん性脱毛症とは、髪の毛全体のボリュームがガクッと落ちてしまう症状のことです。とくにつむじ付近のボリュームが大きく落ちてしまうため、髪形が決まりにくくなりぺったりしている印象を与えてしまいます。

 

びまん性脱毛症は男女ともあらわれる可能性のある症状ですが、特に30代中盤以降の女性に非常に多くなっています。

 

びまん性脱毛症はなぜ起こる?

 

女性ホルモン分泌量の減少

参考:Adrenal Fatigue and Hormone Therapy(http://www.drlam.com/blog/adrenal-fatigue-and-hormone-therapy-part-2/1652/

上記は女性ホルモン分泌量の減少度合いをグラフにしたものです。

 

ひと目見てわかる通り、加齢とともに女性ホルモン(エストロゲン)が減少していくことが見て取れます。25歳ころをピークに減少に転じ、35歳ころからガクンと分泌量が減っていってしまいます。40歳以降は女性ホルモン分泌量は半減してしまいます。

 

女性ホルモンの主な作用は女性の妊娠をコントロールすることですが、その他にも美肌を保ったり髪の毛のツヤやコシ、ボリュームをキープする作用があります。

 

当然、女性ホルモン分泌量が落ちれば髪の毛の力は弱まり、コシがなくなったり、抜け毛になったりしてボリュームダウンになってしまうのです。

 

ご自身の抜け毛をチェックしてみてください。細くて弱い髪になっていませんか?
さらに、根元(毛根)が黒かったりしませんか?

 

これは髪の毛の力が弱まっている証拠でもあるのです。

 

加齢が原因なので、放置しているとただ髪の毛が減っていくだけとなってしまいます。

 

びまん性脱毛症の解消方法とは?


さて、ではどうすればびまん性脱毛症は改善できるのでしょうか?さんざん暗い話をしてしまったので、「治すのは大変なのかも…」と思われてしまったかもしれません。私も、もう改善は無理なのかも、と諦めかけてしまったこともあります。

 

ただ、実際には解決はそれほど難しくはありません。

 

先ほど書いた通り、びまん性脱毛症は

 

・女性ホルモン分泌量の低下

 

これが主な原因となります。

 

つまり、

 

・女性ホルモン分泌量の低下 → 女性ホルモン分泌量を安定化させる

 

このように、原因を解決してあげれば髪の毛のボリュームが回復する可能性は高いのです。

女性ホルモンの分泌を安定化

加齢によって女性ホルモンは減少してしまうので、外から取り込むしかありません。

 

たとえば、大豆イソフラボンは女性ホルモン(エストロゲン)に分子構造が良く似ており、上手に摂取することで美肌効果・バストアップ効果などがあることが知られています。

 

「じゃあ大豆を多く食べればいいの?」

 

という疑問が浮かびますが、実はそこまで簡単な話ではありません。確かに女性ホルモンによく似た作用はありますが、口から摂取しても体中に回ってしまうので、頭皮に配分される量はかなり限定的になってしまいます。もしびまん性脱毛症に作用させようとしたら、相当な量の大豆を摂取しなければいけないでしょう。いくら体にいいものでも、許容量を超える量の食品を食べてしまうと、体に害になってしまうので、現実的ではありません。

 

なので重要なのは、頭皮から直接、有効成分を取り込むことなのです。

 

頭皮に直接有効成分を浸透させれば、有効成分の量は少なくてもよくなり、体への影響もないのです。

具体的な対策方法とは?

では、具体的にはびまん性脱毛症対策として何をしたらいいのでしょうか?

 

先ほども書いた通り、確かに女性ホルモンのような働きをする食品(大豆に含まれるイソフラボンなど)はありますが、摂取量に限界があり、自力で抜け毛対策をするのは困難です。また、かつらや植毛といったびまん性脱毛症対策の選択肢もありますが、非常に高額となるほか、根本的な解決にはなっていないので現実味はありません。

 

そこで便利なのが、女性専用の育毛剤を使う方法です。

 

びまん性脱毛症や、女性の産後の抜け毛など、今や「女性の薄毛」は大きな注目を集めており、女性専用の育毛剤も多く登場してきています。

 

男性だと、薄毛の原因は「遺伝」が大半のため、育毛剤では髪の毛が生えないことが多いです。しかし、びまん性脱毛症の場合、原因が「女性ホルモンの分泌量低下」のことが多くなります。女性ホルモンの分泌量を安定化させる成分はすでに多く報告されていますので、しっかりと頭皮から直接浸透させることができる育毛剤ならば効果が期待できるのです。

 

男性の育毛剤は、結局のところあまり効かないので、返金制度はありません。返金に応じていたら会社の経営が傾いてしまいます。

 

ところが、女性専用の育毛剤の場合は効果が見込めるので、メーカー側も自信があり、数か月もの期間、返金に応じる商品もあります。そのため、「効かなかったら困る…」というデメリットもないのです。

 

なので、びまん性脱毛症に対して女性用の育毛剤を使用する場合は、

 

1,有効成分がちゃんと浸透するか
2,返金制度が充実しているか

 

以上の点に注目して選べばよいのです。

 

これらの条件を満たした育毛剤をご紹介します。

 

ベルタ育毛剤

 

葉酸サプリや酵素ドリンクなどでおなじみの女性向けブランド、「ベルタ」が展開している女性専用育毛剤です。

 

女性用育毛成分を含んだ育毛剤はいくつかありますが、ベルタ育毛剤が進んでいるのは成分がナノ化されている点です。「ナノ化」とは成分の粒を微粒子化することです。有効成分が毛穴の1/1000程度にまで小さくなっているので、すんなり毛母細胞に届いて育毛をサポートしてくれるのです。

 

 

さらに注目ポイントがもう一つ。ベルタ育毛剤には、なんと90日間の完全返金保証があります。これだけの長期保証がついていれば、「もし効かなかったらどうしよう…」という不安がないのです。育毛剤は、商品の性質上ある程度の期間使用しなければ効果が実感できません。なので普通は使っているうちに返金期限が過ぎてしまうのですが、ベルタ育毛剤の場合は90日間の長期完全返金制度があるので、安心して利用することができるのです。

 


左が育毛剤、そして右がクレンジングです。クレンジングは月に数回使えばいいので、量は少な目です。

 

 

育毛剤の液体は無色ですし、ニオイもまったくありません。少しトロみがあるので、頭皮に広がりやすいです。

 

 

返金保証は90日間。つまり、3本まるまる使い切っても返金されるということです。育毛剤は効果を発揮するまでにある程度の期間が必要ですから、3本使っても完全返金OKというのは安心できます。

 

特徴
1、有効成分が超微粒子(ナノ化)されているので、頭皮にしっかり浸透する
2、90日間の完全返金保証があり、安心して利用できる
3、充実の電話サポートを完備。担当が全員同じ悩みを抱えた女性のため、安心して相談できる。
4、定期便パックを使えば格安で購入できる

↓ベルタ育毛剤の公式サイトはこちら↓
http://belta-shop.jp/

 

 

LPLP(ルプルプ) 薬用育毛エッセンス


「保湿効果」「豊毛効果」が認められている「フコイダン」を豊富に含んだ女性用育毛剤です。他にも荒れや炎症を防ぐ「甘草エキス」や血行促進の「セファランチン」「センブリエキス」など、加齢による女性の薄毛改善をサポートをする成分が10種類配合されています。

 

また、初回のみ1カ月分が85%オフの980円で購入可能なので、気軽に利用できるのもメリットです。

 

特徴
1、保湿・豊毛効果の「フコイダン」が豊富に含まれており、加齢による女性の薄毛改善をサポートする。
2、初回はなんと980円での購入が可能。その後も1カ月当たり約2800円(税抜)と育毛剤としては格安。

↓LPLP(ルプルプ)の公式サイトはこちら↓
http://www.626214.com/

 

 

長春毛精(ちょうしゅんもうせい)


発毛サロンとして有名な「バイオテック」が開発した、女性専用の育毛剤です。女性ホルモン分泌量の減少を抑える12種類の生薬が配合されており、成分のナノ化もされているので頭皮への浸透力も高くなっています。

 

初回は85%オフの1,000円で始められ、2回目以降も月々3,000円(税抜)で続けることができます。定期縛りもナシ!

 

特徴
1、女性ホルモン分泌量減少を抑える12種類の生薬配合
2、成分のナノ化に成功しており、頭皮の浸透度が高い
3、初回1,000円で始められ、2回目以降も割引価格。定期縛りもなしでいつでもやめられます。

↓長春毛精の公式サイトはこちら↓
http://www.biotech.ne.jp/

 

 

マイナチュレ


知名度の高さは女性専用の育毛剤の中では最高クラスです。その分評判も高く、数多くの女性の育毛をサポートしています。成分のナノ化はありませんが、40種類以上のケア成分が入っていて育毛効果に定評があります。

 

90日間の返金制度も採用されており、育毛に安心して取り組むことができます。

 

特徴
1、有効成分が40種類以上含有
2、90日間の返金保証
3、格安の定期便パック

↓マイナチュレの公式サイトはこちら↓
http://www.my-nature.jp/

 

 

どの育毛剤がいいの?

3つも紹介されたらどれがいいか迷う!という人もいるでしょう。ここでは3つの育毛剤を比較してみます。

 

まずは3つの商品の比較表を確認してください。

 

  ベルタ育毛剤 LPLP(ルプルプ) 長春毛精
定価(1カ月分) 8,980円 3,186円 3,300円

初回購入
(1カ月分)

3,960円 980円 1,000円

定期コース
(1カ月分)

4,980円 2,800円 3,000円
頭皮ケア成分 56種類 11種類 12種類
ナノ化 32種類 × 12種類
抗糖化 × ×
香料・添加物 ナシ ナシ ナシ
返金制度 90日間(完全返金) 10日間(未開封) ナシ
知名度 ★★★★★ ★★★★ ★★★
公式サイト >>公式サイト >>公式サイト >>公式サイト

 


・ベルタ育毛剤
ベルタ育毛剤は発売2年程度が経過し(2015年1月発売)のため知名度も高く、32種類ナノ化など女性の薄毛に効果的な対応が多くなされています。また、女性担当のみの電話サポート、さらには90日間完全返金保証など、効果以外の部分での手厚いサポートがあるのもうれしい点です。また、価格面でも定期コースなら他の2つの育毛剤に引けを取らない安さなので、お得感もあります。

 

成分面などの内容を重視される方にお勧めです。

 

・LPLP(ルプルプ)
有効成分はフコイダンを中心に10種類以上しっかり配合されているので、効果も期待できます。なんといっても1カ月目980円という安さが魅力で、気軽に始めることができます。

 

とりあえずコスパの良い商品を試してみたい、という方にお勧めです。

 

・長春毛精
長春毛精はバランスタイプと言えるでしょう。有効成分がしっかりナノ化されていて、種類も豊富。発毛サロンのバイオテック開発ということで信頼性が高いのも魅力です。初回1000円で始められるほか、途中解約もいつでも可能なので、合わないと思っても安心です。

 

知名度と内容の両方が気になる方にお勧めです。

 

 

育毛剤とヘッドスパの比較!

 

びまん性脱毛症対策では、女性専用の育毛剤がおすすめなのはすでに紹介した通りです。

 

しかし、他に対策がないのか?と言えばそうでもありません。中でも話題になりやすいのが「ヘッドスパ」です。

 

では、育毛剤とヘッドスパではどちらがいいのでしょうか? まずは以下の比較表をご覧ください。

 

  育毛剤 ヘッドスパ
1カ月あたりの費用 4000円~8000円 15,000円~20,000円
手間のかからなさ ★★★ ★★★★
効果 ★~★★★★ ★★★
効果が出るまでの期間 1カ月~3カ月以上 1カ月~3カ月以上
費用

 

まず育毛剤の費用ですが、1カ月あたり4000円~8000円程度となります。これは商品によるので一概には言えませんが、5000円以下の商品であれば1日あたりの費用は200円以下となりかなりの安価でびまん性脱毛症対策が可能です。

 

一方ヘッドスパは30分あたり3000円~6000円程度が相場。たいていは60分~90分程度の施術を行うため1回あたり10,000円は見たほうがいいでしょう。2、3週間に一度通う必要があるので、1カ月当たりの費用はどうしても15,000円以上となってしまいます。

 

手間

 

育毛剤の場合、洗髪やクレンジングなどは自身で行う必要があります。ただ、育毛剤の使用に関しては頭皮にふりかけるだけなので難しくはありません。

 

ヘッドスパの方はすべておまかせなので手間は一切ありません。とはいえ、施術は月に1~2回なので、それ以外の日の洗髪・クレンジングは結局自分で行う必要はあります。また、ヘッドスパの店舗まで行く手間はあります。

 

効果

 

育毛剤の効果にはどうしても個人差があります。びまん性脱毛症に全く効果がない人もいれば、大きな効果を発揮してボリュームアップを果たす人もいます。

 

個人差がある点はヘッドスパも同じです。ただ、カウンセリングを受けつつさまざまな対策ができるので、育毛剤よりも効果を発揮する可能性は高いと言えるでしょう。

 

効果を発揮するまでの期間

 

育毛剤もヘッドスパも、利用すればすぐにボリュームアップできるわけではありません。当然髪の毛が生えてくるまでの期間が必要となります。

 

したがって、どうしても1か月以上の期間はかかります。早い人だと1か月後程度から効果が見られますが、遅い場合は3カ月以上かかることもあります。

 

したがって、育毛剤にしろ、ヘッドスパにしろ、効果を発揮するまでの期間に差はありません。

 

対策の基本的な考え方

 

育毛剤・ヘッドスパのメリット・デメリットは以下の通りです。

 

  育毛剤 ヘッドスパ
メリット

・費用が安い
・商品によっては返金対応

・おまかせなので手間なし

 

デメリット ・効果の個人差が大きい ・費用が高い

 

まとめると、

 

育毛剤…費用が安いので取り組みやすいが、効果に個人差がある
ヘッドスパ…さまざまな施術があるので効果に期待できるが、費用が高い

 

結局、どちらも一長一短に見えます。お金に余裕があるなら初めからヘッドスパでもいいと思いますが、毎月数万円の出費は難しいという人も多いでしょう。かといって個人差の大きい育毛剤に頼るのも「効かなかったらどうしよう…」という感じで抵抗があるかもしれません。

 

そこで注目したいのが、返金対応の育毛剤、もしくは初回半額の育毛剤など、リスクの少ない育毛剤です。

 

費用リスクの少ない育毛剤であれば、

 

びまん性脱毛症対策としてまずは育毛剤を試し、効果がなければ返金してもらってヘッドスパに移る

 

ということが可能なのです。

 

どの育毛剤がいいの?女性専用育毛剤の実力ランキング

いくらリスクの少ない育毛剤といっても、女性ならではの育毛成分が含有されていなければびまん性脱毛症に対しては意味がありません。なので、男性用の育毛剤を使うのはNGです。また、男女兼用と言われているものもありますが、男性用の育毛剤を男女兼用として売っているだけなので同じくNGです。

 

ここでは、女性専用の育毛剤の中でも、リスクが少なく、価格・機能面で優れた育毛剤を3つ紹介します。

 

 

びまん性脱毛症の原因コラム01

一番の原因は加齢となります。年を重ねると、だんだんと髪がボリュームダウンしてぺったりとしてきます。そのため、高齢になるまでロングヘアを維持できる人はめったにいません。たいていは、ボリュームの減少をヘアスタイルを短めにすることでカバーしようとします。とはいえ、加齢による薄毛は仕方ありません。これはどうしようもないことです。

 

ただ、「加齢」だけでは薄毛の女性が増えていることの説明になりません。加齢によってボリュームダウンしてしまう女性は大勢いますが、それは今も昔も同じです。なので、びまん性脱毛症の女性が増えている理由は他にもあるのです。

 

その理由の筆頭がストレスです。毎日仕事に追われてストレスがたまっている女性が増えているほか、主婦の方でも忙しく家事をしてイライラがたまっている人は多いことでしょう。そんなストレスによって毛根がダメージを受け、全体的に薄毛となってしまうのです。

 

他にも、無理なダイエットは薄毛に繋がります。髪の毛も成長するためには栄養や酸素が必要ですが、ダイエットをすると身体の栄養が内臓などに優先的に使われてしまうため、髪の毛への栄養が足りなくなります。そのせいで髪が薄く細くなってしまうのです。

 

加齢によって女性もいつかはだんだん薄毛となってしまいますが、昔に比べて生活スタイルが目まぐるしく変化しているため、その分ストレスなどの要因で薄毛が早まっているのです。そのため、薄毛の女性がどんどん増えていってしまうのです。

 

 

男性の脱毛とは違う

 

男性の脱毛症は男性型脱毛症(AGA)と呼ばれ、基本的には男性にしかあらわれない症状です。生え際が後退してM字ハゲになったり、頭頂部から脱毛してしまったりなどのパターンがあります。街中でよく見かけますよね。

 

世間では、薄毛は男性のもの、と思われていますので、男性がハゲていてもそれほど問題視はされません。本人の考え方にもよりますが、坊主にしてオシャレ感を演出したり、ギャグにしてしまえるのも男性型脱毛症の特徴ではあります。

 

ところが、女性のびまん性脱毛症は「どこどこから脱毛する」というものではなく、全体的に薄毛となります。そのため髪全体がボリュームダウンしたり、分け目が透けてみえたり、髪形がぺったりしたりしてなんとなくみすぼらしい印象になってしまいます。

 

女性の場合は坊主にできるわけではありませんし、帽子をかぶってごまかしていても、逆に帽子を脱いだときのギャップがあるため周りからの視線が気になってしまいます。ヘアスタイルを工夫する方法もありますが、自由な髪形が選べないのはどうしてもコンプレックスにつながってしまいます。

 

そしてそのコンプレックスはストレスとなり、薄毛がさらに進行するという負のスパイラルにつながってしまいます。なので、びまん性脱毛症を克服するには、しっかりとした対策を行って改善をはかりつつ、自信をもつことでコンプレックスをなくしていくことが重要となるのです。

 

 

びまん性脱毛症に関する口コミ

 

当サイトでは、びまん性脱毛症に関する口コミをお待ちしております。下記フォームからご投稿いただければ、こちらのコーナーに掲載させていただきますので、どしどしご投稿ください。

 

※公序良俗に反する内容などは掲載できません。あらかじめご了承ください。




http://www.roulottes-bazois.com/ http://www.hitmans-arrow.info/ http://www.u-mantion.com/ http://www.bobspaintball.biz/ http://www.rontrarianreport.com/ http://www.tutgen.com/ http://www.melodiepulgarin.com/ http://www.pugliablog.info/