女性の髪と睡眠不足の関係とは?

夜更かしは女性の髪の大敵!

意外なところでは「夜更かし」も髪によくありません。健康維持のために睡眠は重要ですが、それは髪の毛も同じなのです。

 

睡眠は体を休めるだけでなく、心のリズムを調整し自律神経を正すための時間です。特に22時~2時までの間は副交感神経が活発になり、細胞が老廃物を排出して栄養を摂りこんでいく大切な時間となるため、この時間の睡眠がとても重要なのです。またこの時間帯は成長ホルモンの分泌が活発になり、皮膚を構成する基底層の細胞分裂が1日で一番活発な時間帯となります。頭皮も皮膚の一部なので、毛髪を生成・成長させる毛母細胞の入れかわりなどがよく行われます。

 

そんな22~2時の間に睡眠をとらず夜更かししていると、皮膚の新陳代謝がうまくいかないことになります。また疲労もたまっていくので髪の毛だけでなく体の健康にも悪影響を及ぼしてしまいます。健康のためだけでなく、頭皮や毛髪にとっても早寝早起きは重要ということなのです。

 

睡眠を上手にとるコツとは?

 

動物にはサーカディアンリズムとよばれる体内時計があります。もちろん人間も同じで、24~25時間を1セットに体内リズムがリセットされるようになっています。これは遺伝子に組み込まれたしくみなので基本的にはどんな人でも同じような生理現象を持っています。体は、意識していなくても勝手に日の出ともに活動をはじめ、日が暮れると休む準備をはじめます。太陽の周期と合わせて活動することで体調を維持するようにできているのです。

 

サーカディアンリズムは脳の「松果体」というところでコントロールされています。太陽光が目に入ると松果体が交感神経に命令を出して体と脳を起こそうとします。つまり、朝日を浴びることで一日のリズムがリセットされるわけです。

 

しかし、生活リズムが不規則だったり、朝に太陽光を浴びなかったりするとサーカディアンリズムがリセットされないため、リズムが崩れたままの状態になります。不眠や体調不良に悩む人の多くは、この「体内時計のリセット」がうまくいっていないのが原因のことが多いようです。

 

松果体はメラトニンというホルモン物質を分泌します。分泌され始めるのは太陽光を浴びてから約15時間後で、メラトニン分泌から2時間程度で眠気が起こってきます。ここで素直に眠ることで、睡眠の質が向上し、ひいてはすっきりと目覚めることにつながるのです。

 

体内リズムを守って早寝早起きをすれば、睡眠の質がよくなり、髪が元気に成長できる環境を整えることができます。そのためには、何はなくとも「朝、太陽の光を浴びる」ということをしっかり意識するのがコツなのです。また、朝の太陽光の効果を最大限に高めるために、部屋の電気を消して、暗くして眠るというのも重要でしょう。

 

とはいえ忙しいと早寝早起きは難しいこともあるでしょう。22時~2時が重要な時間帯なので、22時に眠るのが理想的ですが、それが難しい場合は「日が変わる0時までには寝る」というリズムを守るといいでしょう。


関連ページ

髪にいい食べ物・栄養素
髪は細胞の一部なので、生成には栄養素が必要となります。髪にいい食べ物を積極的に摂ることで薄毛を改善することにもつながります。逆に動物性タンパク質は摂りすぎると薄毛につながることがあります。
女性の薄毛はタバコも主な原因のひとつ
タバコが薄毛の原因になるのは男女とも同じですが、男性の場合は遺伝的要素が強いので、薄毛に関してはそれほどタバコは重要ではありません。しかし女性は遺伝的要素がないためタバコはダイレクトに薄毛に作用するのです。
運動不足も女性の髪の大敵!
健康維持のために運動も必要とされていますが、それは髪も同じです。運動不足になると、毛母細胞の動きが悪くなって薄毛につながってしまうのです。
女性の抜け毛はストレスの影響大!解消方法を持っておこう
ストレスも髪にとって大敵となります。ストレスが強すぎると脱毛症につながる可能性があるとされていますが、そこまで重症ではなくても抜け毛につながる可能性は高いです。解消方法を見つけておきましょう。