女性の頭皮ケアは試行錯誤が大切

育毛方法は千差万別、自分に合ったものを試そう

完璧な育毛の方法はまだ出てきていません。民間療法や西洋医学などさまざまな方法で育毛が試され、実際に髪が生えたり、脱毛症が治ったりという話はありますが、その方法を別の人に試してもうまくいく保証はありません。試してみた育毛方法だけでなく、それにともなって育毛意識が高くなって生活習慣を改善することによる効果も大きいため、ただ育毛術を試すだけでは失敗することも多いのです。

 

それに、抜け毛に関しては基本的には「加齢」が原因です。年を取ることによって毛母細胞が弱まったり、女性ホルモンの分泌が減るために毛が細くなって、脱毛へと至ってしまうのです。結局のところ、育毛とは「老化を食い止めること」と言い換えてもいいでしょう。そのため、一つの方法だけでなく、さまざまな対策をこなしていく必要があるのです。

 

例えば栄養面があります。髪の毛の原料となるアミノ酸(タンパク質)をしっかりと摂っていくことが必要ですが、とくに含硫アミノ酸(牛乳などに多く含まれる)は育毛を助けます。栄養面に気をつければ女性ホルモンは自然と安定化していくので、バランスのとれた食事をすることが重要です。

 

そして適切な頭皮マッサージをして、頭皮の血流をうながすことも必要でしょう。頭皮は非常に多くの血液を必要とするので、活発に血液が流れています。その血流をスムーズにしてやることで、髪に栄養がいきわたって元気な髪が生えてくるのです。

 

あと意外に重要なのが、頭皮の炎症が起こらないようにすることです。特に女性の薄毛の場合、頭皮が炎症を起こしている割合がかなり高いというデータがあります。シャンプーのしすぎや、自分に合っていないシャンプーを使っているなどの理由で頭皮が乾燥すると、抜け毛が多くなる傾向があるのです。シャンプーをしたあとに頭皮を触ってみて、「硬い」と感じるようだとシャンプーがあっていない可能性があるので、変えてみたほうがいいでしょう。

 

これらの対策をしっかりととったうえであれば、育毛効果のある方法をいろいろ試してみる価値が出てきます。たとえば女性用育毛剤をつけて血行を促進したり、民間療法を試してみたりなどの対策が効果を発揮し始めます。

 

ただ、男性用の育毛剤は男性用に作られており、30%以上のアルコールが含まれています。例えば女性用の化粧水はアルコール含有度が高くても20%程度ですから、相当刺激が強いということがわかります。むやみに使うと頭皮がかぶれてしまうことがあるので、男性用育毛剤の使用はおすすめできません。


関連ページ

女性の髪のトラブルはホルモンバランスの乱れが原因!
女性の薄毛・抜け毛などのトラブルは、ほとんどの場合女性ホルモンの乱れが原因となります。適切なケアを行ってホルモンバランスを安定化させましょう。
女性の髪の寿命は紫外線・エアコン対策がカギ
女性の髪はさまざまな要因で衰えていきますが、中でも影響が強いのが紫外線とエアコンです。できるだけ影響を弱めていく努力が必要となります。