女性の髪のトラブルはホルモンバランスの乱れが原因!

女性ホルモン分泌を意識するのが薄毛解決への近道

男性の薄毛やハゲは生活習慣病の影響も大きいですが、大半が遺伝的要素となります。そのため、育毛剤では毛は生えませんし、生活習慣の見直しなどの対策をしてもせいぜい進行を遅くする程度で、根本的な解決にはなりません。

 

ところが、女性の薄毛には遺伝的要素はほとんどありません。なので父親がハゲていたからといって、娘も薄毛になるということはあまり考えなくていいのです。むしろ、注意すべきはホルモンバランスの乱れです。

 

女性ホルモンの分泌量は20代をピークに徐々に減っていき、中高年になると急激に落ちていきます。ホルモンバランスがくずれると頭皮にも影響がおよび、髪が細くなったり、抜けたり、さらには白髪になったりというトラブルが起きます。

 

一昔前までは、こういった悩みは50代以上の女性に起こるものでしたが、最近は30~40代から起こるようになってきています。ちょうど更年期となる少し前から、薄毛や白髪が女性を悩ませるようになってきているのです。

 

どうしてヘアトラブルが若年化しているのか? 理由はいろいろ考えられていますが、有力なのは「ストレス」「外食」「ダイエット」「過度のシャンプー」あたりでしょう。

 

最近は仕事をもつ女性が増えているので、さまざまなストレスがかかります。忙しく家事をしていてもさまざまなストレスがあるでしょう。そうして忙しく過ごしていると、外食やスーパーの惣菜が多くなって、食生活が乱れてしまいます。特に肉食が多くなりすぎると栄養バランスが乱れ、薄毛を招いてしまいます。なるべく魚料理なども増やすようにして、栄養バランスを整える必要があるでしょう。

 

さらに外食が増えると肥満体型になり、ダイエットを始めます。髪は毛母細胞が細胞分裂することで伸びていきます。1日に約.0.4~0.5mm、1カ月では1センチほど伸びます。体の中で最も成長速度の早い細胞なのです。

 

当然それだけ多くの栄養素を必要としますが、ダイエットをしていると体が摂りこむ栄養素が少なくなります。そうなると、体は内臓などの重要度の高い器官に優先して栄養を送るようになるため、髪の毛に送られる栄養素は不足してしまいます。そうして脱毛などが起こってしまうのです。

 

 

また、最近ではアンチエイジングが叫ばれていますから、意識の高い女性は30代をすぎたころから本格的なケアを始めます。それ自体はよいことですが、頭皮によい商品を使いすぎてしまったり、頭皮のケアをごしごしシャンプーをしたり、日に何度もお風呂にはいるなんて方が出てきてしまうこともあります。適切なケアなら薄毛予防になりますが、やりすぎは逆効果となってしまうのです。

 

そうしたさまざまな生活習慣の積み重ねが、抜け毛や白髪を早めるという結果につながってしまっているのです。その結果、早い人では30代くらいから脱毛症などにかかってしまいます。

 

正しい頭皮ケアをしよう

頭皮ケアで重要なのはシャンプーではなく、その後のケアです。まずはトリートメントをしっかりして髪の絡みをなくし、ひっかかって脱毛するのを防ぎます。さらに、洗髪後の頭皮にしっかり育毛剤などを塗布し、髪に潤いや養分を与えてあげます。

 

さらにシャンプーそのものの回数の頻度も落とします。頭皮の皮脂が少ない女性の場合、毎日だと頻度が高すぎるので2日に1回程度にしたほうがよいでしょう。

 

若いうちから頭皮ケアを行うのは大変よいことですが、やり方を間違えないようにすることもまた大切なのです。


関連ページ

女性の頭皮ケアは試行錯誤が大切
女性の頭皮は男性の頭皮とは違います。男性用の頭皮ケア方法はいろいろありますが、それは気にせず、自分にあった頭皮ケア方法を探すことが薄毛解消の近道です。
女性の髪の寿命は紫外線・エアコン対策がカギ
女性の髪はさまざまな要因で衰えていきますが、中でも影響が強いのが紫外線とエアコンです。できるだけ影響を弱めていく努力が必要となります。