女性の髪の寿命は紫外線・エアコン対策がカギ

紫外線とエアコン対策が重要!

女性の肌にとって、紫外線は大敵となります。紫外線対策として帽子をかぶったり、日傘をさして外出する人も多いです。

 

髪の毛も肌と同じく細胞からできているので、紫外線は有害と考えたほうがいいでしょう。太陽光は汗をかいて皮脂がたまりやすくなるだけでなく、紫外線によって髪に大きなダメージを与えます。

 

キューティクルは髪の毛の表面にうろこ状に重なっていますが、これは外部の刺激から髪を守るためです。このキューティクルが紫外線を受けると、傷ついてしまい、二度と修復することはありません。髪の寿命は約5年と言われていますが、キューティクルがダメージを受けると寿命が短くなり、抜け毛につながってしまうこともあります。紫外線をできるだけ受けないようにし、キューティクルを守ることも薄毛対策では必要なのです。

 

紫外線と同じくらい注意したいのがエアコンです。エアコンの風を浴びるとどうしても頭皮が乾燥してしまうので、炎症を起こしてしまうなどのトラブルにつながってしまいます。もちろん薄毛にとっていいことはありません。

 

以上を踏まえると、髪にとって注意すべき季節は春から夏の暑くなる時期と言うことができるでしょう。特に注意したいのが海水浴などに出かけたときです。水に紫外線をあてたときが最も影響がつよいので、海辺やプールで髪が塗れたまま紫外線を浴びると大きなダメージを受けてしまいます。もちろん日ごろも、外出するときは帽子をかぶったり、髪をまとめたりして、紫外線を受ける箇所を少しでも少なくする工夫が必要です。

 

紫外線やエアコンの他にも、過度のシャンプーや乱暴なブラッシング、ドライヤーによる加熱、さらにはパーマやヘアカラーなども髪の毛の寿命を縮めてしまいます。

 

頭皮の潤いを意識する

髪を美しく維持するには、髪の毛そのものよりも、頭皮の潤いをたもつことが重要です。

 

①髪と頭皮を清潔にする
②頭皮に潤いを与え、一定の皮脂を維持する
③毛根にしっかりと栄養を与えて新陳代謝を促す

 

これらの3点が、ツヤやコシのある髪の毛をキープする秘訣なのです。


関連ページ

女性の頭皮ケアは試行錯誤が大切
女性の頭皮は男性の頭皮とは違います。男性用の頭皮ケア方法はいろいろありますが、それは気にせず、自分にあった頭皮ケア方法を探すことが薄毛解消の近道です。
女性の髪のトラブルはホルモンバランスの乱れが原因!
女性の薄毛・抜け毛などのトラブルは、ほとんどの場合女性ホルモンの乱れが原因となります。適切なケアを行ってホルモンバランスを安定化させましょう。