女性の頭皮にやさしいシャンプー方法とは?

シャンプー方法を変えるだけで頭皮ケアができる

頭皮の乾燥の多くは、シャンプーのやりかたが間違っていることに原因があります。逆に言えば、シャンプーの方法を改善するだけで頭皮環境を正常に整えることができるということになります。

 

ここでは、頭皮ケアができるシャンプーの方法を紹介します。自分のやり方とどう違うかをチェックしてみてください。

 

事前に髪をブラッシングする

まず、いきなり髪を濡らすのではなく、ブラッシングを行います。そうすることで、髪についたゴミを取り除き、もつれや絡みを直すことができます。また、ブラッシングすることで頭皮を刺激し、マッサージの効果を与えたり、不要な皮脂を揉みだす作用があります。

 

注意点としては、強くやりすぎないことです。なかなかもつれがとれないときは、強くブラッシングすると抜け毛になってしまうのでそれ以上はブラッシングしないようにしましょう。

 

お湯でしっかりと流す

次は、シャンプーを付けずにお湯でしっかりと洗い流します。汗やホコリ、チリ、ヘアケア剤などは水溶性なので、お湯だけで落とすことができます。またお湯をあてることで、頭皮や髪の毛の脂汚れを浮き上がらせることができます。

 

この作業だけで、髪の汚れは7割落とすことができます。

 

シャンプーは少な目の量を頭皮につける

ここでようやくシャンプーを使うわけですが、シャンプーの量は「ちょっと少ないかな」程度で問題ありません。指先に適量取り、泡立ててから頭皮につけるようにします。たくさん泡立てたからといって汚れがよく落ちるわけではないので、過度に泡立てる必要はありません。また、この段階では、髪の毛全体につける必要はありません。

 

頭皮をやさしくマッサージする

頭皮全体にシャンプーがいきわたったら、指の腹でもみほぐすように洗っていきます。手首を動かして、ごしごし洗うのは避けてください。頭皮を大きくこすったり、爪を立てると、頭皮が傷ついて脱毛につながってしまいます。指先を小さく震わせて、頭皮が少し動くような感じで洗っていきます。洗うというよりは、頭皮マッサージをするという感覚のほうがいいでしょう。

 

髪の毛に関しては、頭皮を洗っているうちに毛髪に流れ落ちた泡できちんと洗浄できています。あとは手で泡のついた髪を軽くとかせば十分です。

 

しっかりとお湯ですすぐ

 

最後にシャンプーをお湯ですすぎますが、すすぐ時間はできるだけ多くとりましょう。頭皮にシャンプーが残ると、刺激になってトラブルになることがあります。すすぐ時間は10分以上、シャンプーした時間よりも長くすすぐという感覚で問題ありません。耳の後ろや襟足などシャンプーが残りやすいところも念入りにしっかりすすぎましょう。

 

トリートメントは毛先にだけつける

 

最後にトリートメントなどをつけていきます。トリートメントは頭皮には全く良い効果がないばかりか、残留すると刺激となることがあるのでなるべく頭皮にはつけないように気をつけましょう。毛先に軽くつけるだけでも、十分髪のツヤをつける効果はあります。

 

せっかく洗った頭皮にトリートメントが付かないよう、十分に注意しましょう。