ドライヤーの使い方に注意!髪がやけどする?

ドライヤーはただ使うだけではダメ

ヘアケアを考えるときに、シャンプー以上に重要なのがドライヤーによるブローです。「なんとなく乾くまでドライヤーしているだけ」という人が多いかもしれませんが、正しいブローのやり方を覚えないと髪の毛を痛めてしまうことになります。

 

特に多いのが、髪をできるだけ早く乾かそうとしてドライヤーを髪に近づけてしまうことです。逆に、時間をかけすぎてしまうのも問題です。どちらの場合も、髪がやけどをしてしまう「髪焼け」の状態になることがあります。

 

髪焼けはドライヤーの熱い風によって髪の毛の水分が蒸発し、たんぱく質が痛んでしまう現象のことです。髪焼け状態になると、髪の毛が硬くなったりキューティクルが破損したりして枝毛や切れ毛を起こすのです。

 

本来ドライヤーを使ったブローは髪の毛の水分量を13%程度にすることであり、完全に乾かすことではありません。もともと髪の毛には水分が含まれており、それをなくしてしまうようなブローは髪の毛にとって害にしかならないのです。

 

ドライヤーの温度を意識する

 

髪の毛は100度以上の温風をあびつづけるとタンパク質が変質し始めます。100度以上で髪の毛が曲がり始め、150度以上になるとキューティクルが完全に壊れてしまいます。

 

では、ドライヤーの温風の温度はどのくらいあるのでしょうか?JIS規格によると、「フキダシ口から3センチのところが140度以下になること」とされています。したがって、たいていのドライヤーは吹き出し口から110度程度の温風が出ています。

 

110度の温風と言うとかなり熱く思えますが、髪の毛には神経が通っていないので熱さを感じません。頭皮はわずかに熱く感じますが、それは髪の毛が頭皮を温風から守っているからであって、髪の毛は100度近い熱風を浴びていることになるのです。

 

ドライヤーの吹き出し口から15センチ~20センチほど離すと、温風は100度以下となり髪の毛の変質が起こらなくなります。なので、早く乾かそうとしてドライヤーを近づけている場合は、すぐに離すようにブローの仕方を変えたほうがいいです。

 

また、ドライヤーを振って一か所に温風があたらないようにすれば、さらにリスクは小さくなります。また、ドライヤーを冷風に切り替えて、たまに髪を冷やすようにすると万全でしょう。手で髪の毛をほぐしながら内側にも温風が当たるようにすると、乾かす時間を短縮できます。

 

スタイリング時のブローにも注意

 

髪を乾かすときだけでなく、スタイリングのときにドライヤーを使うことも多いはずです。しかし、髪の毛は濡れているときは温度が上がりにくいですが、乾いているときは一瞬で温度が上がってしまいます。つまり、乾いた状態でのブローがもっともダメージが大きいのです。乾いた髪の毛をスタイリングするときは、霧吹きなどで髪を濡らしたり、スタイリング剤をつけたりしてからブローするように気をつけましょう。

 

ただ、スタイリング剤によっては髪の毛が燃えたりすることがあるので注意が必要です。すでに書いた通り、ドライヤーの熱は100度以上あるので、スタイリング剤によっては燃えてしまうことがあるのです。火気厳禁のスタイリング剤はドライヤーとは併用しないようにしましょう。

 

ヘアアイロンはドライヤー以上に注意がいる

 

ヘアアイロンを使用する場合は、ドライヤー以上に気を使いましょう。ヘアアイロンは髪に直接当てるため、熱が直接髪に作用してしまいます。しかもヘアアイロンは130度~170度近くあるので、髪の毛があっというまに変質してしまいます。同じ個所にずっと当てるのではなく、髪先に向かってさっとなでるようにし、なるべく早く使い終わるようにしたほうがいいでしょう。

 

また、ドライヤーとは逆に、ヘアアイロンは濡れた髪に使うのは完全にNGです。スタイリングに時間がかかるため、何度も使用することになり髪に大ダメージを与えてしまいます。トリートメントなどをつけてからササッと使い終わるようにしましょう。