女性の薄毛対策とは? 口コミまとめ

女性の薄毛対策は?

当サイト当てにいただいた口コミ投稿でも、上記の5種類が大半を占めていました。

 

  1. 加齢
  2. 出産後の抜け毛
  3. ストレス
  4. 染毛・パーマ
  5. 生活習慣の乱れ

 

(※口コミ投稿はこちらのフォームで募集しております。どしどしご投稿ください)

 

では、薄毛に悩む女性はどのような対策をとっているのでしょうか? 以下の円グラフにまとめてみました。

 

頭皮ケアを行う 35.8%
食生活を変える 22.4%
ストレス解消する 12.8%
染毛・パーマをやめる 10.8%
育毛剤を使う 10.0%
ヘアスタイルを変える 8.2%

 

頭皮ケアを行う

 

最も多かったのが「頭皮ケアをする」という女性でした。髪の毛は毛母細胞から生まれて成長しているので、その土壌となる頭皮をケアするというのは自然な考えですし、効果も高いです。

 

具体的な方法としては、シャンプーをノンシリコンのものに変更したり、頭皮マッサージを行って血行をうながす、といった回答が多くありました。

 

食生活を変える

 

次に多かったのが食生活の改善です。髪の毛の成長には栄養素が必要ですから、これも良い対策でしょう。

 

ただ、回答に多かったのが「海藻を多く食べる」というものでした。間違ってはいないのですが、海藻だけを食べても育毛効果は薄いです。髪の毛の材料となるのはタンパク質なので、魚介類や豆類などのアミノ酸を多く含む食べ物を摂るようにしないと効果は高まらないでしょう。

 

ストレスを解消する

 

ストレスが原因となって薄毛になっている方の多くは、原因を取り除くためにさまざまなストレス解消を行っていました。ただ、全員がストレス解消できるわけではなく、人によっては仕事や家庭の環境の影響でストレス解消は望めないという方も多くいらっしゃいました。

 

染毛・パーマをやめる

 

毛染めやパーマのやりすぎが原因で薄毛になっている方は、単純に毛染めなどをやめるという対策を取っている方が多いです。しかし、こちらも全員がそういう選択をされているわけではありませんでした。毛染め・パーマが原因の場合は、その原因を断ちきるのが最も近道となるので、できればすぐにやめたほうがいいでしょう。

 

育毛剤を使う

 

育毛剤を使って髪の毛を育てる、という回答をされている方も1割ほどいらっしゃいました。男性の場合はもっと割合が高くなり、半数以上の薄毛の男性は育毛剤を使っているはずですが、女性の場合はまだまだ「育毛剤を使う」という選択肢を選ばれる方は少ないようです。

 

原因としては、女性用育毛剤がまだまだ認知されていないことが考えられます。確かに、男性用育毛剤はもちろんですが、男女兼用の育毛剤も女性には効果がほとんどないので、女性が育毛剤を使うというイメージはあまり広まっていませんが、今では女性専用の育毛剤も登場してきているので、これからはこの割合は増えていくと考えられます。

 

ヘアスタイルを変える

 

薄毛になってきたために、ボリュームアップして見えるヘアスタイルに変えるという意見も少数ありました。こちらは根本的な解決とはなっていませんが、見た目を整えるという意味では有効でしょう。

 

まとめ

 

まず第一に言えることは、原因がわかっている場合はその原因を断ちきるということです。毛染めやパーマのせいで薄毛になっているなら、毛染めやパーマをやめる。ストレスがたまっているなら、ストレスを解消する。こういった対策が、薄毛解決への一番の近道です。

 

ただ、加齢などのどうしようもない理由だったり、ストレス解消法がないなどの理由の場合は、原因を断ちきるだけでは解決しません。そんなときは、頭皮ケアをしっかり行ったり、生活習慣を改善するなどの対策が必要となってくるでしょう。

 

また、女性専用の育毛剤を使うことで、頭皮にしっかりと栄養を送って髪の毛を育てるという方法も有効です。とはいえ、ただ育毛剤を使うだけでなく、頭皮ケアなどと並行して対策していくことが効果を最大限に高めるためには必要となるでしょう。

 

いただいた口コミ

 

こちらで頂いた口コミの一部をご紹介しますので、参考にしていただけると幸いです。口コミはこちらのフォームでまだまだ募集していますので、どしどしご投稿ください。

 

まなかな様(40代~)
なんだかはえてきてる気はしなくて、悩んでいます。

 

美容室で思いっきりきいたら、市販のシャンプーはよくなく、へあスタイリングも控えたほうがいいと言われました。

 

さっそく美容室のシャンプーを買いました。それでも生えてくる気配はなかったので、皮膚科にいくことにしました。

 

もっと早く通えばよかった思うくらいに生えてきました。

 

行ってよかったです。


不知火様(30代~)
髪の毛が薄くなってきたと感じてから、10年ぶりに黒い髪の毛に戻しました。1年間ほど、黒い髪の毛で生活していましたが、髪に色が入っていないとなぜか気分がめいってしまって、薄くなるのを気にする以外にもいろいろデメリットがありましたが、1年間で髪の毛を大事にした結果、また薄毛が直ったため、今はまた色を戻しています。


まやとる様(30代~)
美容院の方などにも相談したのですが、出産でホルモンバランスが崩れると、抜け毛がひどくなる場合があると聞きました。

 

少しずつ落ち着いてくるというのですが、私の場合はひどくなるばかり。

 

 

 

髪が長い余計に抜けた毛の量が多い見えてストレスになるし、絡まって抜けることもあるので、髪を短くきりました。

 

 

 

痛みも取れて、以前よりはいい状態です。

 


もちゅり様(40代~)
私の場合は明らかにストレスが原因だとわかっていたので、ストレスの原因を取り除くことが1番の解決策だったと思います。それ以外だと、当然のことではありますが、髪や地肌に出来るだけダメージを与えないようにすること。ヘッドスパや頭皮マッサージで血流を良くしてあげることも有効と聞いたので、サロンでやってもらうだけでなく、自宅でもトリートメントの際にマッサージをしたりしています。


hitoyasumi様(50代~)
シャンプーをノンシリコン、無添加のものを選ぶようにし、リンスやコンディショナーを使用する時には髪にはまんべんなくつけるが、なるべく地肌にはつかないようにして出来る限り地肌を清潔に保つ努力をしている。あとは頭の血行がよくなるようにシャンプー時に地肌のマッサージを行う。そして食事面では黒いもの、たとえば昆布、ひじき、黒豆、黒ゴマ、きのこなどを食べるように意識している。


ゆあちょん様(40代~)
なるべくストレスをためないようにして

 

昆布やわかめなど髪に良いものを食べるようにしています。

 

髪を洗うときに絡まっている部分を引っ張りたくなる癖がありますが

 

我慢して丁寧にほどいています。

 

シャンプーをする時には髪を優しく洗いながす時にも優しく丁寧に無駄に抜けないようにしています。

 

抜けても薄くても目立たないように

 

髪は伸ばしてます。


hoshino様(20代~)
私はかなり強い癖っ毛で、中学生の頃から縮毛矯正をかけていました。それがきっかけで分け目の癖も強くなってしまい、それ以来縮毛矯正の頻度を少なくし、全体にかけるのではなく部分的にやってもらうようにし、薬も弱めのをかけてもらうようにしました。お風呂でも自分でできるようなヘッドマッサージをして血行をよくするようにもしています。


マナ358様(40代~)
これ以上の進行は避けたいのと、また若い時みたいにふんわり感が欲しいので、髪には何が必要か調べました。やはり、たんぱく質をとることが何より大切だということなので、肉や魚、卵や大豆をしっかり食べるようにしています。あとは、黒ごまや海苔、わかめなどの海藻類も良いそうです。

 

そして、頭皮マッサージも始めました。頭皮全体を軽く叩くようにしています。何が良いのかは不明ですが、薄かった前髪が戻りつつあります。ケアが大切なので、これからも内側、外側からアプローチしていきたいです。


ナナ様(30代~)
海藻を多く食べるようにしています。海藻は髪の毛が増えると聞いたので、実践しています。大きな変化は見られませんが、効果があると信じてやっています。あとは、シャンプーやリンスをすると気にはなるべく優しく髪の毛を扱うようにしています。気にしすぎるのもストレスになるかなと思い最近はあまり気にせず過ごすようにしています。


Mama様(40代~)
通販で育毛剤を定期的に購入し、朝の洗顔後と夜のシャンプー後に使用しています。使用の際は、必ず使用方法に沿った頭皮マッサージを行います。既に抜けてしまった箇所は入念にタップリと育毛剤をつけマッサージします。また、分け目の箇所を時々変えることによって、額の薄毛・抜け毛が防げています。


えーちゃん様(~20代)
治療しているのですが
なかなか効果がありません…


あらいぐま様(40代~)
皮膚科にて受診し、完全ではないが、やっとウィッグを卒業。だだ、進行中ではあります。1ヶ月に2回は受診して治療中。